遂に、ドームハウス製作に着工!

98.8.23



 やっと念願のドームハウス製作に着工しました。では、 Q&A で話を進めましょう。



Q:どんなドームハウスを作るのですか?

 そうですね。「田舎暮らしの本」という本で紹介された”自分で建てるドームハウス”(著:綾野雄次氏)の設計を基本にして、少々自分でアレンジしたものです。
 でも、作業していると考えが変わってきますので、最終的にどんなものになるのか・・・なんといい加減なのでしょう!


Q:大きさは?

 直径約7メートル。高さは、5メートルくらいになるでしょう。広さは約11坪です。できるだけ広いベランダを付けたいと思います。


Q:なぜ、大きさがはっきりしないのですか?

 今、基礎(独立基礎)を作り始めたところです。1本の基礎を作るとへとへとになります。そんなわけで、何本基礎を作る気力が持続するかによって、建物やベランダの大きさが決まるのです。
 ですから、結果は私にもわかりません。


Q:いつ頃完成ですか?

 さて、もっとも難しい質問です。暇とお金と体力、これらの相互関係によって決まります。
 でも、基礎は今年中に完成したいですね。


Q:作業状況は?

 はい、今後「ドームハウス レポート」でご紹介する予定です。今、やっと基礎が3本半完成したところです。
 全部で何本できるでしょう?最低、30本はほしいですね。50本あれば、広いベランダとまともな(?)玄関と台所くらいできそうです。

ドームハウスの基礎の写真 四角い基礎です。
手製のコンクリート枠を利用しています。
    

Q:全部、1人でやっているのですか。

 そうなのです。コンクリを練るのが一番大変です。練り箱1杯作ると、もうくたくたになります。汗は顔からぽたぽた噴き出してきます。やっぱり、小さなコンクリートミキサーがほしい!ですね。


Q:そんなに苦労して何が楽しいのですか?

 時に、何のためにこんな作業をしているのか、と思うことがあります。
 でも、汗をたっぷりかいた後、ベランダで山の空気を浴びながら飲む1杯の紅茶、これ最高です。
 たぶん、山中でのこんな些細な喜びが積み重なって、私を動かしているのだと思います。