今回は、何をしようかな?

 ホントは、毎週来たいけど、なかなかそうもいきません。
 月に1回か2回来られればいい方です。

 近いとは言っても、高速道路を使って2時間。高速料金とガソリン代で1往復約7000円、やはりきついものがあります。家族サービスも考えなくてはなりません。

 この近くは自然の宝庫です。
 
車で10分ほどのところに大武川という川があります。この川はアルプスの雪解け水をたたえています。透き通ったとてもきれいな水です。川砂は白くて、これまたとってもきれい。こんなに白が似合う川には初めて出会いました。
 靴で川の中にはいるのも、気が引けるような清らかさをたたえています。ましてや、ゴミでも捨てたらバチが当たりそうです。

ヤマメやアマゴが釣れます

 山の作業に行っても、ついつい横道にそれてしまいます。

 何しろ、川では、魚が待っています。
 山では、木イチゴやドドメ(桑の実)が待っています。
 それから、近場の温泉も待っています。
 あれもやりたい、これもやりたい。
 やっぱり、自分のベースがそこにあると思うと、ちょっと遊び方も違ってきます。腰を落ち着けてじっくり遊んでやろう、と思います。
 まあ、山の作業も面白いけど、そこいらを飛び回ったりすることも、また楽し。仕方ないですね。

 手抜き手抜きの駐車場作りでしたが、やっと、そこそこの広さの空間ができました。でも、自分の足で踏み固めただけでは、やはりダメですね。車を少し入れてみると、見事にズッコミました。
 かと言って、コンクリで固めてしまうと、後で計画変更のとき壊すのが大変です。てなわけで、30センチ角のコンクリート板を敷き詰めることにしました。
 そんなこんなで、駐車場完成までに更に2ヶ月くらいかかりました。

 駐車場が完成すると、次は何か建物がほしくなりました。道具を持ってきても、いつもまた持ち帰らなくてはなりません。
 そこで、次は物置を造ることにしました。たまたま、我が家にあった物置を1つ、ここに移築することにしました。
 駐車場の奥の方を平らにして、そこに物置を設置、これで、また、一段と山の基地らしくなりました。

 駐車場を作り始めてから、あっと言う間に半年が過ぎていきました。そろそろ山の秋が始まろうとしています。

 ここに来たとき、夜はどうしているか・・ということですが、最初のころは近くの温泉宿に泊まったりしておりましたが、そのうち、節約のため車や物置の中に泊まるようにしました。
 幸い水は井戸水の水道があるため苦労しません。この井戸水は、地下120メートルのところからポンプアップしています。同じ町内にはサントリーの工場があり、ミネラル水を作っているくらいですから、とてもおいしい水です。ここに来るときは必ずタンクに水を詰めて持ち帰ります。

 ここで湯を沸かして、コーヒーをドリップして飲むと、もう最高!幸せだなー、ですね。

 ちょっと困るのはトイレがないこと。まあ、周りは林ですから、ちょっと奥に入ればいいのですが・・・。
 しかし、毎回、そればかりではまずいので、深い穴を掘って、2本の板を渡し、周りをブルーシートで囲って簡易トイレを作りました。これで、取り敢えず一安心。ついでに、生ゴミ用のコンポストも設置しました。

物置を基地として、次の段の造成を始めました

 この頃には、ネコ(一輪車)も購入し、一段と(?)作業効率が向上しました。しかし、相変わらず出てくる根株にはギブアップです。
 そうそう、枯れ木の焚き火。その中にアルミホイルでくるんだジャガイモやサツマイモを投げ込んで置くと、とてもおいしいほくほくイモができます。
 作業の合間のおやつにいいですね。秋風に吹かれて、熱いコーヒーを飲みながら過ごす一時の静寂。疲れなんか吹っ飛んでしまいます。

 さて、また、作業作業!



次ページへ
大作戦index